注目キーワード

ポジティブ日記を3つ書くだけで人生楽しくなる

日記を書いてる人はそんなにいないと思います。

書いた方がいいって、分かっていても

書けない人、続かない人がほとんどだと思います。

確かに

  • 「忙しくて書く暇などない」
  • 「三日坊主で終わる」
  • 「文章の知恵がない」

などの理由で日記を書くことは難しいし、めんどくさいですよね。

そこでおすすめなのは、

 

簡単ポジティブ日記です。

一日の寝る前に

一日の寝る前に、「今日あった楽しかったことを3つ書く」という日記です。

日記帳やノート、手帳など紙に書いてもいい。

TwitterやFacebook、InstagramなどSNSで投稿してもいい。

スマホで写真とって、載せてもいいですね。

スマホの日記アプリで書いてもOKです。

今日の楽しかったこと

例えばこんな感じで書いてみます

①〜最近オープンしたラーメン屋に行った。美味かった

②〜仕事が順調でスムーズにはやく終われた。

③〜久しぶりに友達と居酒屋に行った。

それぞれ〜内容は短めで全然構いません。

じっくり書いても何分もかかりません。

慣れてくると2分ぐらいできます。

楽しいことが思いつかない、考えても2つしかない。という時も、なにがなんでも

3つ楽しかったこと書いてください

「天気が良くて気持ちよかった」

「道端に咲いてる花がきれいだった」

「悪いことが起きなくてよかった」

「新しいコーヒーを買って飲んだら美味かった」

このように、ささやかな事でも全然OKです。

楽しいことが、たくさんある時は、全部好きなだけ書いてください。

短文でも、詳しく書きたい時、長文でもOKです。

要は、毎日続けることが大事なので

最初は、短文で3つ楽しかったこと書く

そして、続ける。これで十分です。

ポジティブ日記の効果

  • ポジティブ思考が自然と身につく
  • 洞察力、反省力が高まる
  • 癒し効果
  • ストレス発散
  • 楽しいを見つける能力高まる
  • 幸せを見つける能力高まる
  • 人生が楽しくなる
  • 毎日が幸せになる

疑う人もいると思いますが

続けることによって、必ず効果が出ます。

3日で少し習慣になり

1週間で楽しくなり

1ヶ月で圧倒的な効果を自覚できます。

悪いことは、1回だけアウトプット

悪い出来事は、どうすればいいのか??

  • 仕事でミスった
  • 社長、上司に怒られた
  • 嫁、友達、同僚と喧嘩した
  • つまづいて転んだ

などなど、辛いこと、苦しいこと、マイナスな出来事も必ず生きていれば起きるでしよう。

基本的には、悪いことは日記に書かないほうがいいのです。

なぜなら、

話す、書くことによって人間の記憶に残ってしまいます。

その話す回数、書く回数によって多ければ多いほど、強く記憶に残り

忘れられなくなる!

といことです。

例えば、大好きな人と喧嘩をして、振られたとします。

その事を、友達1人1人しゃべりまくると

記憶がどんどん強化されて、振られた時の悲しみが忘れられなくなるのです。

 

でも、つらい出来事を誰にも言わず我慢するのも良くありません。

ストレスになります。

そういう時は、

1回だけ、アウトプットして終わりにする

日記書くなら、今日のつらい出来事を書く。

長く書きたいのなら、長文で書いてすべて吐き出す。

大事なのは、

「書いて忘れる」

それと同じ内容をSNSで投稿、友達におくる、話したりしてはいけません。

記憶に残るからです。

悪いこと書いた後に楽しいこと

嫌なことを書いた後に楽しいことを3つ書いてください。

1日の終わりを楽しい気分にするためです。

その順番が逆になると、

ネガティブ思考が強化されてしまいます。

気をつけてください。

まとめ

楽しいを表現する、書くことは、ものすごい癒しパワーがあります。

人間の考え方、気持ちを変えてしまうのです。

ポジティブ日記をうまく使って、悪いこと、ネガティブな感情を消して

プラス思考、ポジティブ感情を引き出してください。

今回は、ここまで

ありがとうございます