nobuのカラダとココロの健康元気サイト

腸についての楽しく心地よく続けられる情報のブログを目指してます(^^)

腸でやせる

凄い食欲は、脳が暴走してるからだ!

LINEで送る
Pocket

どうも〜お久しぶりです!

nobuです♪

腸がどれほど、大事なのか!

そして、人間は、なぜ?異常なほど、食べたくなるのか?

書いてみますね♪

最近〜本当に寒くて、体調管理しっかりしてくださいな(≧◡≦)

では〜いってみよう

スポンサーリンク

最初の臓器

生き物〜いわゆる生物が地球に誕生した!

今から〜40億年も前のことです。

たった、1つの単細胞生物から、生物の歴史は始まったのです!

その後〜複数の細胞を持つ、多細胞生物が生まれた!

その多細胞生物たちは、やがて、1つの臓器をつくりました。

それが〜腸なのです。

地球上の生物が最初に持った臓器は〜

腸だったのです!

思考臓器

腸だけで生きていた生物は、やがて、思考、判断に必要なニューロンといわれる神経細胞を腸に持つようになった!

神経細胞をはじめて持った臓器は、脳じゃなく腸なんです!

脳を持たない生物は、腸で思考するのだ!

そして、今も、人間の腸では、大脳に匹敵するほどの神経細胞が働いてます。

腸は、思考する臓器なんです!

腸の発達

生物にさらなる進化の道を開きました。

なんと〜腸がさまざまな臓器に分化していったのです。

栄養分を蓄える細胞が腸から分離して肝臓になり。

インスリンを分泌する細胞が腸から分離してすい臓に。

食べたものを一時貯蔵するために腸の前部が変化して胃になり。

酸素を吸収する細胞が腸から分離して肺になり。

腸の始まりである口の神経の集合体が脳になる。

スポンサーリンク

などなど〜

私たちの体を構成する臓器は、全て腸から変化していったもの。

腸の働き

腸の働きは、他の臓器や神経と密接に連携して行われています。

その訳は〜臓器の進化の歴史を見れば分かります。

腸が体内創造の母的な存在であり、多くの臓器はその子どものようなもんです。

独自の判断で他の臓器や神経に指令を送れるのも、脳以外では、腸だけなのです。

脳も腸から形成された臓器!

腸から分離して、神経細胞を無数に持った脳が出来ると、脳は複雑な進化を急スピードで成長していきました。

人は500万年余り前に独特の進化を始めたといわれてます。

約40億年という膨大な歳月をかけて生物はゆっくりと進化してきたのに、

人の脳は500万年というあまりにも短い期間で約3倍に膨張して、複雑な機能を備えるに至ったのです。

まとめ

人は、この脳を未だに満足に使いこなせていません。

脳は、自分の欲求に貧欲で、どんなことをしても人を従わせようとするのです。

脳はとくにストレスに弱く、ストレスを負うと、食など原始的な方法でストレスが逃げようとします。

そんな脳の暴走に振り回されて食べ続け、形づくられていったのが、肥満の体なんです。

どうでしたか??

腸がどれほど大事なのか分かりますよね(^^)

全ての内臓は、腸から生まれるのですよ!

皆さんもストレスがたまっても〜運動するなり、友達とわいわいするなりして、ストレス解消してくださいね(≧◡≦)

ではでは(^^)

スポンサーリンク
群馬県在住(^^) 趣味は〜散歩、読書、温泉、サイクリング、熱帯魚、音楽鑑賞、映画鑑賞(^^) 嫁と、2人のやんちゃな娘と日々戦いながら、カラダは健康になる為、ココロは元気になる為の情報をメインにお伝えしています(^^) 楽しく続けられることを目指してます(^^) なにかありましたら、ぜひ連絡くださいね(^^)
LINEで送る
Pocket

-腸でやせる
-, , , , , , , , , , ,