nobuのカラダとココロの健康元気サイト

腸についての楽しく心地よく続けられる情報のブログを目指してます(^^)

どうして、太る?

お肉を食べるのを減らしても長生きは出来ないのだ!

2016/07/05

LINEで送る
Pocket

お肉は美味しいですよね!俺も大好きです(^^)

ただ、お肉の量を減らして健康で長生きは出来ません。

スポンサーリンク

肥満と腸内細菌の関係

マウスに高脂肪のエサを食べさせていると、短い間で腸内細菌の勢力図が変わってきます。

高脂肪の食べ物が悪玉菌を増やすことが明らかになのです!

食べる物によって腸内環境は変化しますね。

脂肪分の多い食べ物を毎日食べていると太るのは、腸が悪玉菌優勢になるから!

そして、悪玉菌優勢の腸は、動脈硬化を起こすという事です。

動脈硬化とは

コレステロールや中性脂肪などの脂質が動脈にたまり、動脈を硬くしたり血液の通る道を狭くしてしまう症状なのね。

それが進むと、血管はもろくなり、裂けやすくなるし、血管をつまらせて血液の流れを塞ぎ止めたりします。

心臓の動脈が詰まる〜心筋梗塞

脳の動脈が詰まる〜 脳梗塞

脳の動脈が破ける〜 脳出血

脳梗塞と脳出血、合わせて〜脳卒中

とよびますね。

心筋梗塞と脳卒中を発症した患者は、腸内細菌が脂質からつくりだす代謝物が、血液中に多くなっています!

スポンサーリンク

 

その腸内細菌の代謝物が肝臓に運ばれて酸化すると、動脈硬化が進みます!

つまり、

心筋梗塞や脳卒中で倒れるのを防ぐためには、「動脈硬化の原因となる代謝物をつくってしまう腸内細菌を減らすことなのです」

その腸内細菌は、脂質を好む悪玉菌なのです!

悪玉菌の繁殖が人を肥満させ、動脈硬化を引き起こすのです!

大事なことは、悪玉菌を増やしてきた食習慣を変えること、でも、脂質分の多い肉をやめよう!と考えるのとは、違いますね!

肉をガンガン食べている人でも、動脈硬化にならない人もいれば、肉をあんまり食べない人でも、動脈硬化が進んでる人もいます。

人間が健康でいるには、肉も食べないとダメなのです

動脈硬化の予防は、肉をあんまり食べない!じゃなくてその前に、悪玉菌が優勢な腸内細菌をなおすこと!

善玉菌優勢の腸内環境をつくれば、悪玉菌は必ず減る。

肥満や、動脈硬化の予防にも、必要なのは善玉菌のチカラなのだ。

まとめ

肉を食べる量減らすのではなくて野菜の量を増やすことなのです!

あなたも今日から野菜を意識するようにしてどんどん食べよう!(^^)

スポンサーリンク

群馬県在住(^^)

趣味は〜散歩、読書、温泉、サイクリング、熱帯魚、音楽鑑賞、映画鑑賞(^^)

嫁と、2人のやんちゃな娘と日々戦いながら、カラダは健康になる為、ココロは元気になる為の情報をメインにお伝えしています(^^)
楽しく続けられることを目指してます(^^)
なにかありましたら、ぜひ連絡くださいね(^^)

LINEで送る
Pocket

-どうして、太る?
-, , , ,