nobuのカラダとココロの健康元気サイト

腸についての楽しく心地よく続けられる情報のブログを目指してます(^^)

どうして、太る?

カロリー制限は万人に効くわけではないのだ!

2016/07/05

LINEで送る
Pocket

「メタボリックシンドローム」??

この言葉〜意識しない中高年は、少ないでしょう。

数年前から日本では、中高年の男女を対象に特定検診、特定保健指導が行われている!

スポンサーリンク

 

メタボリックシンドロームとは

皆さんも知ってる通り内臓脂肪型肥満
のことだ!

検診によって検査項目の基準値を上回る数値がでると、栄養指導などを受けることになりますね!

肥満者は、生活習慣病になるリスクが高いため、未然に予防させて、

医療費の削減につなげていこうというのが、このメタボ検診の目的なのです!

 

日本人に多い四大疾病

「ガン、心筋梗塞、脳卒中、糖尿病」が四大疾病と呼ばれてます。

死亡率が高く、予防が何よりも重要とされ、これらの病気は、

全て生活習慣病に分類される病なのです。

「遺伝の問題が大きく、生活習慣が悪いとはいいきれない」と、

生活習慣病という呼び名を否定的にとらえる医師は少なくありませんね。

けれども、親から病気のリスク遺伝子を受け継いでいても、病気にならない人もいるんです!

リスク遺伝子を同じように持っているのに、発病するかどうかの違いは、生活習慣にあるといえるのです。

無意識にも日々積み重ねている生活習慣が、重大な病気をつくることになるのです。

スポンサーリンク

 

悪しき生活習慣の証

最もわかりやすい形が表に出てくるのが、肥満です。

肥満者が四大疾病にかかりやすいのは、統計的にみても明らかにです。

つまり肥満は、大げさじゃなく、「死への始まり」なのです。

50歳までは多少太っている人でも寿命に大きな影響はでません。

ですが、一生元気で自立した人生、求めるならば、40歳を過ぎた頃から、

自分の体型に気を遣いはじめ、
50歳以上の肥満者は適正体重まで痩せる必要があるのです。

絶対に勘違いしてはならないのは

「痩せれば、どんな方法でもよい」ですよね。

毎年〜新しいダイエットがでてきますね、そして、消えてなくなります!

目新しく、簡単そうに見えるダイエットが健康を脅かすものであることは少なくありませんね。

「痩せたけど、寿命が縮まった」では、なんの意味のないね。

また、医師がすすめるダイエットが全て正しいともいえない!

たとえば、一般的なダイエット!メタボ検診による栄養指導のあり方は間違ってるといえるでしょう!

カロリー制限による食事指導を一律に行なったところで、万人に効くわけない

 

まとめ

歳をとってからの肥満者は寿命を縮めている

スポンサーリンク

群馬県在住(^^)

趣味は〜散歩、読書、温泉、サイクリング、熱帯魚、音楽鑑賞、映画鑑賞(^^)

嫁と、2人のやんちゃな娘と日々戦いながら、カラダは健康になる為、ココロは元気になる為の情報をメインにお伝えしています(^^)
楽しく続けられることを目指してます(^^)
なにかありましたら、ぜひ連絡くださいね(^^)

LINEで送る
Pocket

-どうして、太る?
-