nobuのカラダとココロの健康元気サイト

腸についての楽しく心地よく続けられる情報のブログを目指してます(^^)

太らないカラダ

男性ホルモン!少なくても、多くても駄目な訳!

LINEで送る
Pocket

男性ホルモン??

そんなことを分かってるわ!って言うのかも知れませんね(^^)

多ければいい訳じゃないのです!

どうも〜nobuです(^^)

最近〜サボり気味なので頑張っていきたいと思います(^^)

それでは、いってみよう

スポンサーリンク

少なくて多くても▪▪▪

いきなりだけど、男性ホルモンが必要だからといって、過剰に分泌してしまうと寿命が縮まるのです。

お金持ちで女性にモテたいと言って男性ホルモンの注射をしていて、突然亡くなったという話があります。

多くの生き物でオスが短命な傾向がありますけど、これは男性ホルモンの影響と考えていいでしょう!

人間についても、少年期に去勢を施された朝鮮王朝時代の宦官は、睾丸のある男性に比べて長生きをしているという!

つまり、男性ホルモンは若さを保つには、必要ですが、年をとってから過剰に分泌していると寿命が短くなる。

男性ホルモンは、少なくて多くてもダメ!

枯らさないように、なおかつ、増やさないの状態が一番良いのです!

若さに気を取られて男性ホルモンを注射したりすると、かえって寿命が短くなってしまうのです。

成長ホルモン

実は成長ホルモンも同じことがいえるのです。

成長ホルモンは子供時代の分泌はなくてはならないのです。

スポンサーリンク

年をとってから過剰な分泌が続くと、ガンや糖尿病になりやすいのです。

ラロン症候群という病気があります。

この病気は、肝臓の機能柄壊れてしまうため、脳下垂体からせっかく分泌された成長ホルモンを、筋肉、骨を成長させる物質に変えることが出来なくなる!

ラロン症候群

ところが!!

成長ホルモンを正常に働かせられないラロン症候群の患者は、実はガンの発生や糖尿病の発症が少ないことがわかっています。

エクアドルではラロン症候群でガン、糖尿病になってる人は、まったくいないのです!

同じ地域に住み、同じ年のグループでは、5パーセントが糖尿病を発症して、20パーセントがガンで亡くなっていました。

男性ホルモン、成長ホルモン

男性ホルモン、成長ホルモンは、若いうちは特に必要なのです。

年を重ねてもこれらのホルモンがなくては、若さを保てません。

でも、高年齢になってもこれらのホルモンを注射などなどに頼って不自然な形で過剰に分泌させると、寿命が縮んだり、ガンや糖尿病になったりします!

まとめ

いかがでしたか(ˊᵕˋ)

男性ホルモンは、とても大事なのです!

特に年をとってから、

枯らさないように!

そして増やしすぎないように!

することに注意が必要なんです(^^)

ではでは〜若さをいつまでも保って下さいね(^^)

 

 

 

 

スポンサーリンク
群馬県在住(^^) 趣味は〜散歩、読書、温泉、サイクリング、熱帯魚、音楽鑑賞、映画鑑賞(^^) 嫁と、2人のやんちゃな娘と日々戦いながら、カラダは健康になる為、ココロは元気になる為の情報をメインにお伝えしています(^^) 楽しく続けられることを目指してます(^^) なにかありましたら、ぜひ連絡くださいね(^^)
LINEで送る
Pocket

-太らないカラダ
-, , , , , , , , , , , , ,