nobuのカラダとココロの健康元気サイト

腸についての楽しく心地よく続けられる情報のブログを目指してます(^^)

太らないカラダ

脂肪をエネルギーに変えてくれるのは大豆なのだ!

LINEで送る
Pocket

今年の夏は、本当に暑いですね!

暑さに強くなるためにも、痩せたいですよね!

大豆って〜

実は、脂肪をエネルギーに変えてくれるって言ったら気になりますよね?

どうも〜nobuです(^^)

それでは、いってみましょう

スポンサーリンク

大豆と中性脂肪

大豆に含まれるタンパク質は、健康維持にとても大事な栄養素なんです。

肉、卵、魚も大事だけど〜

大豆もやはり大事なのです。

大豆タンパク質を摂取すると中性脂肪の値が下がることは知られています。

中性脂肪とは簡単にいうと、体についたブヨブヨのお肉のこと!

中性脂肪の値が高くなると、善玉のHDLコレステロールが減って、悪玉のLDLコレステロールが増えてしまいます。

中性脂肪と悪玉のLDLコレステロールという体の中にある脂質が活性酸素と結びつくと、過酸化脂質という怖い物質に変わります。

過酸化脂質は脳卒中、心筋梗塞の原因になります。

大豆のベータコングリシニン

肥満解消して命を縮めないためにも、中性脂肪は体から減らしたほうがいいことになります。

そこで、大事になってくるのが大豆タンパク質に含まれるベータコングリシニン!

ベータコングリシニンは、肝臓で中性脂肪がエネルギーになるのを促します。

また、小腸での脂肪の吸収を抑える働きもあります。

こうした働きから、ベータコングリシニンは中性脂肪が体に蓄えられるのを防いでくれる訳です!

また、大豆タンパク質にはコレステロール値を下げる作用もあります!

スポンサーリンク

コレステロールは、腸の中で胆汁酸と、ともに行動します。

大豆タンパク質は、体内で使い切れなかった余分なコレステロールを胆汁酸と、ともに包み込んで体外に排出してくれるのです!

大豆の健康効果

大豆の健康効果の高さは、タンパク質だけではありません。

ビタミンE、イソフラボンといった抗酸化物質を含みます。

抗酸化物質とは、活性酸素の害を防ぐ作用を持つ物質のことです。

また、大豆はカルシウムの優れた供給源にもなるんです!

大豆のエクオール成分

大豆のイソフラボンは、腸内細菌と結びついてエクオールという成分を作り出す。

エクオールは強力な抗がん作用をもちます!

また、形が女性ホルモンそっくりで、イソフラボンより100倍の効率で女性ホルモンと同じような作用を体に施します。

実は、このエクオールをつくれるのは、イソフラボンと相性の良い腸内細菌を持った人だけ!

日本人女性の場合は、約半数がエクオールをつくり出す力を持っている!

エクオールをつくれる腸内細菌を育てるには、腸内環境を整えたうえで、大豆製品を毎日食べることを習慣を持つことが大事です。

まとめ

いかがでしたか(^^)

大豆製品は本当に重要ですよね。

中性脂肪が、体に蓄えられるのを防ぐのですよ!

また、余ったコレステロールを体外に排出もしてくれます。

エクオールは、抗がん作用、女性にも凄くいいですよね(^^)

それでなお、骨粗しょう症予防にも大豆製品が効くんですよ(^^)

毎日、大豆製品は欠かせないですね(^^)

ではでは(^^)

スポンサーリンク
群馬県在住(^^) 趣味は〜散歩、読書、温泉、サイクリング、熱帯魚、音楽鑑賞、映画鑑賞(^^) 嫁と、2人のやんちゃな娘と日々戦いながら、カラダは健康になる為、ココロは元気になる為の情報をメインにお伝えしています(^^) 楽しく続けられることを目指してます(^^) なにかありましたら、ぜひ連絡くださいね(^^)
LINEで送る
Pocket

-太らないカラダ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,