nobuのカラダとココロの健康元気サイト

腸についての楽しく心地よく続けられる情報のブログを目指してます(^^)

太らないカラダ

肉を食べない高齢者は、栄養失調で命を縮めてる!

LINEで送る
Pocket

どうも〜ノブです(^^)

今日は、高齢者について話したいと思います。

やっぱり、歳をとっても元気でいたいですよね(^^)

それには、ちゃんと良いタンパク質もとらなければいけないのです(^^)

スポンサーリンク

カロリー制限ダイエット

カロリー制限ダイエットは、オススメできません。

カロリー制限というと、エネルギーの多い肉、卵などの動物性タンパク質から摂取をひかえる人が多いのです。

まあ、それが一気にカロリーが減ることになるため、最も痩せるには、手っ取り早いのです!

命を支えるために、食事をする時〜カロリーばかり気にして、体に必要な栄養素もとらなくなり、命を支えるという本来の目的が果たせなくなるのです!

高齢者の食問題

高齢者の健康で大きな問題となっているのが、新型栄養失調という病気があります。

国は、70歳すぎの5人に1人が新型栄養失調になっていると報告している

その原因は、コレステロール値が高くなるから!太ってしまうから!といって、肉、卵などの動物性タンパク質を控えてしまう人が多いのです。

血清アルブミン

血清アルブミンとは

血清たんぱく質の一。血漿(けっしょう)総たんぱく質の約6割を占め、栄養・代謝物質の運搬、浸透圧の維持などの働きをする。

新型栄養失調でとわれるのは、血清アルブミンという成分です。

たった1つの成分がたりなくて、高齢者は5人に1人が寿命を縮めてしまっている!

スポンサーリンク

血清アルブミン値が1デシリットル中に4.2ミリグラムあれば、1年後に死ぬ高齢者はいません。

しかし、3.4ミリグラムだと、1年後に半数の高齢者が亡くなってしまうという統計があります!

血清アルブミンを3.5ミリグラム以下にしてはならないのです!

血清アルブミンの材料は?

それは、肉、卵、魚などの動物性タンパク質と、大豆などの植物性タンパク質です。

新型栄養失調は、『タンパク質エネルギー栄養障害』とも呼ばれています。

食の専門家を名乗る人のなかには、『豆腐や納豆など植物性タンパク質をとっていれば、動物性タンパク質は要らない』という人がいます。

『肉や卵はコレステロール値を高くするだけでなく、体内を汚すから食べてはいけない』という困った人までいます。

この間違っている情報が、広く知れ渡り、常識化して結果、生まれたのが『新型栄養失調』という病気です。

しかし、肉、卵にも良質タンパク質は多く、血清アルブミンの材料としては、不可欠な食品なのです!

まとめ

いかがでしたか(^^)

間違っている健康常識を信じてそのまま、実施していると命を縮めるのです。

病気、肥満を避けたいために肉、卵を食べるの控えて、それが原因で寿命が縮めてしまっては、たとえ体重を落とすことが出来たとしても主客転倒(理屈に合わないってこと)としかいえないのです(^^)

長く生きたいのなら〜肉、卵も食べてくださいね(^^)

ではでは

 

 

スポンサーリンク
群馬県在住(^^) 趣味は〜散歩、読書、温泉、サイクリング、熱帯魚、音楽鑑賞、映画鑑賞(^^) 嫁と、2人のやんちゃな娘と日々戦いながら、カラダは健康になる為、ココロは元気になる為の情報をメインにお伝えしています(^^) 楽しく続けられることを目指してます(^^) なにかありましたら、ぜひ連絡くださいね(^^)
LINEで送る
Pocket

-太らないカラダ
-, , , , , , , , , , , , , , ,